WILL x MEDIA



社會化的結構導致了大部分規範或意識形態上的限制,另一方面我們又希望能夠去主導及建構大部分,在這脈絡下我們利用攝影媒材的客觀性,來看待介質與意志之間的關聯,連一個沒有生命的客體都有其意志作用著,無論它是否被單純指向於物理性或是伸展到幻想內,也就是說我們所看到的不全是畫面中那直觀的客體,因此我們企圖去看待這些意志和介質之間,是如何安排在我們環境之中,最後它們所給予的假設我們應該要如何去構想它。


Social structure indirectly leads to several normative or ideological constraints, and on the other hand, we also hope to be able to dominate and construct the majority. In this view, we use the objectivity of photographic media to look at the connection between Media and Will.
Even an inanimate object has its will, whether it be directed purely to physicality or into fantasy. In other words, what we see is not entirely an intuitive object in the picture. Therefore, we try to clarify these Will and Media, see how they are arranged in our environment, and how to figure out the last assumptions they give.


社会化された構造は、ほとんどの規範又は意識上の形態に制限をもたらした、一方我々はまた、それらの大部分を支配や構築することができるように願っています、この脈絡をもって、私達は撮影の媒介物の客観性を通して、媒質と意志の繋がりを見ます。一つの無生物の客体でさえ、その意志が作用している、それが純粋に物理的であろうと幻想的にまで広がっても、言い換えれば、私達が見るものは、全てが映像中の視覚的な客体ではない、そのため、私達はこれらの意志と媒質の繋がりが私達の環境でどのように整理されているかを調べようとします、そして最終的に、それらが私達に与えた仮説に対し、私達はそれについてどう構想するべきか。